キーワード:  

コンティンジェンシー

説明:   コンティンジェンシーとは不測の事態のことで、これが万一発生したときにどのような対処をするかについて定義したものをコンティンジェンシープランと呼ぶ。システム化プロジェクトにおいては、特に本番移行時において、計画通りに移行できない何らかの事態が発生した際の行動計画を指す。災害レベルの大規模なものから、欠員、移行プログラム障害等の小規模なものまで、コンティンジェンシーの数は無限に想定される。通常発動しないものであることからプロジェクトでは軽視されがちであり、その傾向は本番移行タイミングが近づくにつれて顕著になる。できるだけ早い段階から、ドラフト段階であっても、プロジェクト関係者への周知をしておくことが必要。
参考リソース:   事例からみたコンピュータ・システム・リスク管理の具体策
対サイバーテロ・コンティンジェンシープラン立案の研究
ホーム:プロジェクト管理はPREDU
OCRソリューションはDMOCR(でぃもくる)
イノベーション・ニュースのAnyTech.info