キーワード:  

クリティカル・パス

説明:   プロジェクトのWBSにおいて、その進捗が遅れれば、次工程の着手が遅延し、当該フェーズ或はプロジェクトの最終期限が間に合わなくなることになるタスクは、そのタスクはクリティカル・パス上にあるという。後続タスクが存在しなかったり、存在してもその着手予定タイミングまでに日数的な余裕がある場合は、タスク自体の遅延がすぐさま後続の遅延につながらないためクリティカル・パス上にあるとはいえない。とはいえ、全タスクのうち、重要タスクを選んだ上で上記にあてはまるものをクリティカル・パスと認識することが一般的である。
参考リソース:   WBS の本質と現実的な活用方法 - 日本ユニシス
クリティカル・パスとは・意味|MBAのグロービス経営大学院
クリティカルパスを示し、関係者を工程管理に巻き込む
ホーム:プロジェクト管理はPREDU
OCRソリューションはDMOCR(でぃもくる)
イノベーション・ニュースのAnyTech.info